センチュリー21 ブリスハウス

  • マンション検索
  • 一戸建て・土地検索
  • PriceDown物件
  • 投資用物件

こだわり物件検索/マンション

  • マンション一覧
  • 駅10分以内×3999万円以下
  • 70m2以上×10年以内
  • 駅近!徒歩5分以内!
  • ペットと住める!
  • 内装リフォーム済!

こだわり物件検索/一戸建て

  • 一戸建て一覧
  • 駅から徒歩10分以内
  • LDK15帖以上
  • 2階建て
  • 新築

こだわり物件検索/土地

  • 土地一覧
  • 駅から徒歩10分以内
  • 通風採光に良い!角地!
  • 土地面積30坪以上!
  • 広々間口5メートル以上!
  • 学区域から物件検索
  • 当社専任物件や売主物件、アウトレット物件など掘り出し情報多数あります!
ブリスハウスおすすめ物件
  • 駒沢大学・桜新町以外のその他地域でより多くの物件からお探ししたい方はこちらから
  • Century21 店舗センチュリオン
3年連続受賞
  • スタッフブログ
  • 賃貸物件はこちら!
  • チャレンジ25

スタッフ紹介

韓国旅行日記(賃貸編)

韓国旅行日記(賃貸編)

2009年9月11日(金)

おはようございます。

本日は山藤でございます。

 

今回は韓国の賃貸についてお話します。

韓国は日本以上に持家志向が強い国ですが、若い人はまだまだ賃貸に住んでおります。

しかし日本みたいに毎月の家賃ではありません。

韓国では毎月の家賃が要らない代わりに、「チョンセ」といって契約時にまとまった額の保証金を払う制度が一般的です。

例えば2年契約で6,000万ウォン(約500万円)の保証金を家主に預けます。

そして2年後更新をせずに退去する場合、この保証金は満額返金されるのです!

 

・・・ここで疑問・・・

「じゃあ家主は儲からないじゃないか」

 

実は家主はこのまとまった額の保証金を原資として運用をするわけです。

でも契約満期時の全額返金は絶対なので家主が運用で失敗しても賃借人は安心なのです。

 

この制度が韓国で通用するのは、韓国の銀行の利子が高かったかららしいです。

一昔前までは5~10%と高利子だったので、まとまったお金があればあるほどウハウハだったんですね!

6戸のアパート1棟持ってて約500万円/戸の保証金であれば、満室で約3,000万円が運用資金となります。

満額を銀行に預けて5%の利子だと、1年間で約150万円の利子収入があることになります。

ただ預けるだけでこれほどの収入があれば笑いが止まりません。

今は金利もそれほどではありませんが、昔の名残りで今もこのチョンセという制度が一般的です。

 

駒沢あたりの賃料相場だとソウルの中心地近くに住めるみたいです。

景気がもっと回復したら、韓国でオーナー事業も面白いかもしれませんね♪

« 明日は救急の日

美味しい焼肉いただきました! »