センチュリー21 ブリスハウス

  • マンション検索
  • 一戸建て・土地検索
  • PriceDown物件
  • 投資用物件

こだわり物件検索/マンション

  • マンション一覧
  • 駅10分以内×3999万円以下
  • 70m2以上×10年以内
  • 駅近!徒歩5分以内!
  • ペットと住める!
  • 内装リフォーム済!

こだわり物件検索/一戸建て

  • 一戸建て一覧
  • 駅から徒歩10分以内
  • LDK15帖以上
  • 2階建て
  • 新築

こだわり物件検索/土地

  • 土地一覧
  • 駅から徒歩10分以内
  • 通風採光に良い!角地!
  • 土地面積30坪以上!
  • 広々間口5メートル以上!
  • 学区域から物件検索
  • 当社専任物件や売主物件、アウトレット物件など掘り出し情報多数あります!
ブリスハウスおすすめ物件
  • 駒沢大学・桜新町以外のその他地域でより多くの物件からお探ししたい方はこちらから
  • Century21 店舗センチュリオン
3年連続受賞
  • スタッフブログ
  • 賃貸物件はこちら!
  • チャレンジ25

スタッフ紹介

横浜美術館

 2012年12月3日(月 )

 

本日は増子です。

 

先日、みなとみらいの横浜美術館にいってきました。

「はじまりは国芳  -江戸スピリットのゆくえ- 」という展覧会を開催中です。

 

江戸末期にを代表する浮世絵師の一人、歌川国芳(うたがわ くによし)。

彼のテクニックや美術性が門下生や系統にどのように受け継がれ、発展していったかを、様々な作品・資料を通して一望できる企画です。

 

hajimari2

これは、国芳作の「近江の国の勇婦お兼」

 

お兼は鎌倉時代の初め、近江にいた怪力女。

暴れ馬の手綱を踏んで馬を鎮めたという話の一場面です。

お兼は伝統的手法で描かれ、馬と風景は西洋画の技法が取り入れられています。

 

 

 

 

次は国芳の下で浮世絵を学んだ「月岡芳年(つきおか よしとし)」。

最後の浮世絵師ともいわれる彼の作品。

hajimari3

 恋人の名前の刺青を彫る女性。

 絵の題名は「いたさう」。

 

浮世絵は一見無表情に見える美人画が多いですが、これは感情が良く出ています。

確かに、痛そうです。

 

浮世絵を観るのは、昔の人々の暮らしや文化が分かり、とても楽しいですよ。

 

 

 

 「はじまりは国芳  -江戸スピリットのゆくえ- 」は2013年1月14日(月曜・祝日)まで開催しています。

 

 

 

 

ついでに、ランドマークタワーのクリスマスツリーも見てきました☆

hajimari5

 

 

 

 

 

« 麻婆豆腐の美味しいお店

そろそろ始めないと  ね(*^_^*) »